2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07








大阪音楽大学 指導者研修「応用編」1日目♪第1限目

8月1日、2日と泊りがけで、
母校の指導者研修に参加してきました


1日(金)ピアノ指導 応用編 【1限目】
講師:植田 理恵子先生
「あっとおどろく”わはは”なレッスン!」
~生徒を長続きさせる、レッスンの工夫と秘訣~


この講座、スゴく面白かったです


受講枠は30人だったはずですが、その倍近く受講者がいて
先生もマイクをご使用でしたが、


いや、いらないでしょ~
っていうくらいお声が大きく、とってもパワフル


何度もマイク、ハウリング起こしてました


講義を受けている先生方の、恐らく皆さんが、
「植田先生のレッスンを受けている気分」だったのでは、と思います


「こんなレッスンだったら、
特に子供は、毎回レッスンに来るのが楽しみなんじゃないかな~♪」
と思うくらい、爆笑だらけなんです。


でも・・・
こんな「スゴイこと」、皆さん出来ませんよねえ~・・・
とも・・・


何故かというとですね・・・


曲のイメージを沸かせるために、植田先生は、
その生徒が弾いている曲に合わせた扮装で、いつも待ち構えているそうなのです


モーツァルトの曲なら、
ナントドレス姿にくるくるカツラ姿で待っていたり


パイレーツオブカリビアンなら、ジャック・スパロウよろしく、
帽子をかぶり、海賊になりきって、
「おうっよく来たなっ待ってたぜっふははははっ


と、出迎えるんだそうです・・・


す、凄すぎる・・・


慣れている生徒さんは、「またか・・・
みたいな顔をされたりするらしいのですが、


最初はびっくりするし、かなりのインパクトですよね~


実際、かなり気分は乗ると思います


私も、曲についてイメージを沸かせるために、
色んなお話をすることはありますが・・・


コスプレまでは・・・・(汗)


植田先生は、声楽科のご出身との事で「なるほど~


声楽科出身の先生は、バイタリティ―とアイデア溢れる方が多いです♪


その出たアイデアを「恥ずかしがる事無く出来る♪」というのも、
声楽科出身の先生の強みですね


ピアノ科出身者には、ちょっと・・・・


私も、ヤ○ハ時代には、着ぐるみを着させられて「いもむし」になって、
演歌を歌わされたり


「セーラームーン似」な衣装を着させられて、踊らされたり・・・


色んなことをさせられてきたので、
「羞恥心の線」がいくつか切断されている部分はありますので


出来ない事はないですが、
そこまでやると逆に生徒が引くかもしれませんね~


曲の雰囲気に合ったCDをかけて出迎えるとか、
そういうことでも・・・と、おしゃっていまして、


参考に出来そうな事も色々教えて頂きました


うちの教室は小さい子が多いので、色々、ネタを考えたりしていますが、
仕入れないと、ネタも尽きてきますからね~


色々、たくさん仕入れましたから
さらに熟考したうえで、レッスンでいろいろやってみたいと思っています


割引もきいたので、ご本も2冊購入してきました♪
004_201408040001145a2.jpg
発表会のアレンジがまだ残っていて直ぐには難しいかもしれませんが、
頑張って練ってみますので、皆さん、楽しみにしててくださいね


♪Yoko Piano Class~ようこピアノ教室♪はこちら
ポチっと↓して頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

こんにちは。

楽しそうな講義ですね!
声が大きくて…コスプレ?でお出迎え???
声楽家の先生でしたか。。なんだかとても納得です。笑
衣装にも、声を大きく出すことにも慣れていますものね。

こんなレッスンだったら、とても楽しいだろうなあと想像できます。
発表会も様々な衣装アリだったりするのかしら?

のだめちゃん(のだめカンタービレ)ご存知でしょうか?
確か、モーツアルトだったか?衣装を着て演奏するシーンがあった気がします。
[ 2014/08/04 23:56 ] [ 編集 ]

nobi8nさんへ♪

いつもコメント頂き有難うございます(*^^*)♪

この講義、物凄くインパクトのある講義で、面白かったです。

のだめちゃんで、ありましたね~!
お城に招かれて・・でしたっけ?
かつらもかぶってましたもんね^^;)。

ピアノアンサンブルの授業で、モーツァルトを弾いたとき、
先生から、当時の服装の事や、生活のテンポなどのお話を聞いて、

イメージは膨らませて弾くように言われましたが、
実際にコスプレするって、やっぱりスゴイですよね~^^;)

かつらも重かったと聞きましたし、
ドレスは膨らんでるし、袖のふりふりは邪魔だったでしょうから、
かなり弾きにくく、生活のテンポも、嫌でもゆっくりだったでしょうね。

実際にコスプレして演奏してみると、
より実感できますよね。

私が「発表会では女の子はドレスで、男の子はネクタイで」
とお話しているのも、そういうこともあって。というのがあります。

うちの教室のカラーもありますから^^;)
参考に出来る部分は参考にして、より楽しいレッスンになるよう、
生かしていかしていければ・・・と思っています(*^^*)♪
[ 2014/08/05 00:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する