2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07








絶対音感習得コース♪2014.5.14

今月からご入会の3歳のAちゃん

「赤」の旗を、元気よく「赤~」と言って上げて
「赤」の音を「絶対的」に覚える為、ひたすら赤の旗を上げてます♪


絶対音感は年齢が小さいうちにしか付かないので、
開始年齢が6歳半までで、終了時が8歳から9歳頃まで


3歳という年齢は「先生の言う事も聞ける」し、
でも、「比べるという事はしない」ので、一番適していると思います♪


年齢が上がって、知的能力が上がってしまうと、
(「上がってしまう・・」という言い方も変ですが
音の高低を比べてしまう為、「絶対的な聴き方」になりません。


「絶対音感」とは「絶対的に音を聴くことの出来る能力」の事ですので、
「さっきのより音が高いな・・・」となどと、比べて聴いてしまうと、
「絶対音感」ではなくなり「相対音感」になってしまうんですね。


「絶対音感がある」という方の中には、
非常に優秀な相対音感」の持ち主である場合も結構あるようで、


音を聴きとるのに「基準となる音」が必要だったり、
複数の音になると、怪しい音がある場合」などがそうです。


私も相対音感ですが、調子がいい時は基準音がなくても正しく音が取れますし、
CMで流れている曲のメロディーや、洗濯機や電子レンジの終了メロディーなども、
ドレミでとって歌ったりは出来ますので、


一般の方が見ると「えええ・・??!絶対音感があるのね?!」
と思われることがあるのですが、違うんです


絶対音感が付くと、複数の音が不協和音となって一斉に鳴っても
すべての音が全部わかります


Aちゃんの今日のお稽古では、お母様が、
やはり最初は、ノートがあった方がわかりやすいので」と仰って、
ご自宅練習用の「はたカルテ」を持って帰って頂きました
003_201405150040454ed.jpg
絶対音感の訓練には、お子さんの頑張りよりも、
お母様の頑張り」が特に必要となります。


やる気のないお子さんをやる気にさせ(これが大変です
1日最低3~4回」の音感訓練を、
毎日」させないといけないからです(お忙しい中、これがさらに大変ですね


これが途中練習が抜けたりすると、てきめんに、それまで聴けていた音が、
あっさりと分からなくなってしまうので、
余程の事がない限り、毎日頑張る必要があります。


比較的、耳の良いお子さんで、お家での訓練なく、
白鍵全部がおぼえられたお子さんも数名あるのですが、


年齢が6歳を超えたあたりから、それだとミスが目立って難しくなってきてしまい、
前の旗に行ったり来たり・・・になってしまいますから、


是非何とか頑張っていただいて♪


「先生~・・・・今週無理でしたあ・・・・
と言われる時もありますが、


分からなくなった旗を「かため弾き」して、
次週で挽回して頂いています♪


絶対音感が付くのは2年くらい(個人差があります)と言われています。
気長に諦めず、地道に
一緒に頑張って行きましょうね

♪Yoko Piano Class~ようこピアノ教室♪はこちら
ポチっと↓して頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する