2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06








ピアノを楽しむ事と生徒のコンクール♪その3

でも、昔はここまでやっても、子供は意外とケロッとしていて、
次回には反省して練習を頑張ってきて、
厳しいレッスンでも食らい付いてきてくれて、


コンクールでも、見事結果を出してくれたりしてたんですが、


最近はここで、
「スッゴく怖かった・・・
先生があんなに怖いなんて知らなかったもうレッスンに行けない・・・うわああ~
と、なるんですよねえ~・・・


昔に比べると、それでもかなり抑えてて、
7~8割くらいの感じなんですけども・・・


お母様方も、普段の私を見ている限りでは、
私が、そこまで怖いとは思っていらっしゃらないようで、


「しまった・・・」と思われるようなんですが、
おっとりにこにこ、何言っても怒らない様に見える人でも、


ピアノを専門にやった人間は、
皆、厳しいレッスンと練習に耐えてここまできているので、


気が強くプライド高く、ピアノに対して厳しい人が多いと思います。


ですので最近、専門に進んだり、コンクールの出続けてきた子達を見ていると、
「根性が悪いくらい、気が強く」なってしまっている子が、
非情に多い事に気付いたんです。


自分も含めて・・・ですが


そこまでしてまで、コンクールに出場させる意味はあるのか・・・?
ピアノ嫌いになってしまったら、それこそピアノを習う意味って・・・?


昔はほとんどのピアノの先生が厳しく怖かった為、
余程ピアノが好きで言われなくても毎日自分で練習してくる子や、


親御さんが非情に熱心で、しっかり練習させてレッスンに通わせている子しか、
続かなかったですよね。


私は前者で、うちの母は「完全放任主義」だったわけですが、
でも非常に厳しい人でしたかたら、練習してなかったら、
きっと母に叱られて、辞めさせられていたと思います。


今は「優しく丁寧に、その子の気持ちを汲んで」
レッスンすることが主流だと思います


だから、時々練習をさぼったりしながらも(笑)続けていけて、
結果、大人になっても、趣味でピアノを楽しめる人も増えていますよね♪


私の教室に来られている大人の生徒さんでも、
「ホントにちょっとだけ子供の頃やってて・・・」という生徒さんがいらっしゃるのですが、


その方は結構筋がよくて、子供の頃に「上手に優しく」教えてくれる先生に出会われていたら、
きっとピアノを続けていて、今頃レッスンに来なくても、


自分の力で、いろんな曲が自分の力で楽しめたのでは・・・と思いますし、
レッスンに来るのでも、うんと難しい曲を自分でやって、
「難所のアドバイスを受けるレッスン」が可能だっただろう・・・・と思うのです。


私のところに来られている小さな生徒達にも、
「楽しく長く♪」ピアノと触れ合って欲しいんです


その4に続く。(これ、長くなりましたね~

♪Yoko Piano Class~ようこピアノ教室♪はこちら
ポチっと↓して頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する