2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

頑張った生徒さん♪小1のY君♪

小1のY君は、ピアノを始めて1年ちょっと


最初の頃は、お母様が付いてレッスンに来ても、


出来なかったところを繰り返し弾くとか、
余り気が乗らないことは、どうにもやりたくなくて・・・


どんな出来であろうと、1回弾けば、
「マッル~♪と「笑顔で花丸をご要求♪」と言う感じだったのですが


同じくらいのレベルのテキストを数冊、
サクサクとやりながら頑張って頂き、
お母様とも色々ご相談しながら、レッスンを進めていったところ、


今では、一人でレッスンを頑張れるようになり、
上手くいかなかったところも、繰り返し練習出来る様にもなりました


レッスンに来ると、すべての楽譜、ノート、音楽ドリルを出して開き、
「スタンバイオッケー」の状態になっています♪


生徒達には、音符がラクに読めるようになるまで、
毎回、五線ノートに音書きの宿題を出していますが、


私が宿題を出すことに時間がかかっても、
「ノートに音符の名前や、拍数などの宿題を出してほしい
というY君の希望で、


Y君は毎週1ページ目は音書き。2ページ目は音符の名前。
という宿題にしたところ、
012_20140124002715f60.jpg
音符の名前と拍数をあっという間に覚え、



今日などは、ドリルの次にやるところを、
お家で自主的に読んで予習してきていて、



「先生、これはこういう意味やんな?読んできたから、すぐわかった~
と、「4分の3拍子」について、私に説明してくれました♪
011_20140124002712df6.jpg
そして、さくさくと問題を解き・・・
010_2014012400271042f.jpg
カスタネットでのリズム打ちも完璧スゴ~い


音感訓練も、自宅でもかなり頑張って頂いていたのですが、
開始年齢が早い方ではなかったこともあり、


7本めの紫まで、聴き取れるようになった辺りで、
近い音域の旗に、ミスがたくさん出るようになってしまい
Y君も間違える事がイヤで、やる気がなくなりかけていたのですが、



「間違っても全然かまわない事」「戻ってもまた進めるから大丈夫」
とお話して、続けて頂きました♪
014_20140124001729569.jpg
そして、本数を減らしてやり直して頂いた結果・・・
今月に入って、ミスが格段に減り、


今日は、以前出来るようになっていた紫の旗まで、
ミスなく答える事が出来ました

Y君♪休まず頑張って良かったね
お母様が、お仕事もあってお忙しい中、
本当に良く頑張って下さいましたので出来た事だと思います


さて、Y君の現在のテキストはアルフレッドのレッスンブックCと併用曲集♪
024_20140124001735093.jpg
なかよしピアノや、ぴあのらんど等のテキストの後、
アルフレッドのBからCに進みました


今日は「バスのうた」を仕上げ♪
025_20140124001738e3f.jpg
伴奏に合わせて弾きました


今日はすべてがとっても良く出来て、
お母様がお迎えに来られて、今日の様子をお話していましたら、
Y君は「僕、スゴイだろ」と言わんばかりのお顔になっていました♪


これからも、この調子で頑張ってね


♪Yoko Piano Class~ようこピアノ教室♪はこちら
ポチっと↓して頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


こんにちは。

お子さん達、楽しいって興味を持ってもらうことが大切ですよね!
私の教室の子ども達も同じような勉強をしています。

そういえば、以前、近所の女の子に♪を教えましたが、
2分音符、4分音符、8分音符、数が増えていくと長さは短くなる。。
そこがどうも間違えちゃうようで、教えるのって難しいなあと思いました。

ピアノの先生って、すごいですよね!笑
[ 2014/01/25 21:08 ] [ 編集 ]

nobi8nさんへ♪

いつもコメント頂き有難うございます(*^^*)♪

そうそう!そうなんですよね~^^;)。

音符の呼び名の数字が大きくなると、
音符の長さも長くなる・・・と思いがちなので、
間違えやすいんですよね♪

繰り返しやっていると、やはり覚えも早いので
記事に載せたY君のように、興味を持ってくれると、
割と早くすんなり覚えてくれます(*^。^*)♪

「伝える」って難しいですよね。

自分があまり深く考えずに、マル覚えしてしまっていることを、
生徒に「どうして?」と質問されて「・・・」と、止まってしまう事があります(^_^.)。
「ほんとだ・・・なんでだろ?」みたいな^^:)


で、「ほんとだね~先生はただ覚えてしまっていたんだけど、
なぜなのか、次までに調べておくね!」と言って、

次回までに慌てて調べたり、説明の仕方を考えたりするのですが、
なかなか、よい説明が見つからない事もあります(**)。
[ 2014/01/27 00:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。