2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06








新年よりの練習と読書♪

年末は忙しくて、
1日に1~2時間ほどしか弾けない日も多かったのですが、


年明けて元旦からは、1日平均4~5時間は弾くことが出来ています


師匠からのメールでも「リスト頑張って下さい
と言われましたので、今月のレッスン日までにしっかりやっていかねば


これまでリストの楽曲で、自分が「しっかり演奏出来る」と思う曲には、
あまり気に入ったものが少なく、


「いいなあ~♪カッコイイ」と思うものは、
「ひ・・・っ」と思うくらい、超難易度高だったりしましたので


「やったことのある曲が少ない」=「リストの曲に慣れてない」
というこもあって、ただでさえ遅い譜読みが、ちんたらとろとろ・・・な状態です


リストに関しても、学校で勉強した程度の知識しかないので、
もっともっとリストを知ろうではないか~と、


年明けて購入した本の中の1冊に、リスト物も一冊♪
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書)フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書)
(2013/12/14)
浦久 俊彦

商品詳細を見る

リストといえば「イケメン」「女性問題が派手」。
リストといえば「神童」「超絶技巧」「チェルニーの弟子」。


私の知ってるリストはこんな感じ♪
この本の表紙に使用されている画もイケメンですね


まだ読み始めですので、またそのうち感想を♪


【今年も癒しの猫達
少し寒さが緩んだため、冬場にはめずらしくタワーに集うお二方
033_20140104190538fc2.jpg
こうやって見ますと、ニコの大きさがはっきりわかりますね~♪
4.6キロになりましたので、メリルより大きいです

♪Yoko Piano Class~ようこピアノ教室♪はこちら
ポチっと↓して頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


こんにちは。

わ!私も読んでみようかしら?
リストは、晩年は聖職についていましたよね?
華やかな世界から、聖職についたのは何故なのだろう?とか気になっていました。
リストは、今でいう、イケメンアイドル的な存在だったのでしょうね。
個人的には、バリバリの超絶技巧の曲より、
巡礼の年シリーズくらい大人しめ?の曲が好きです。
ぜひぜひ、ほごちさんの感想を楽しみにしております!(o・ω・)ノ゚

[ 2014/01/05 11:46 ] [ 編集 ]

nobi8nさんへ♪

いつもコメント頂きありがとうございます(*^^*)♪

リストについて「作曲家について」のカテゴリーで書こうと思い、
大学時代のノートを開いてみましたら、

ロシアの侯爵夫人との不倫の末、結婚をしようとしたけれど、
ロシア皇帝の許可が下りず・・・(リスト37歳)

ローマ法王に許可を願い出るが、2回とも否決・・・
3回目の願い出で、ようやく許可がでたものの(リスト50歳)
侯爵夫人の元夫の書状がいる・・・と、後から言われて、準備が整っていたのに延期・・・

しかもその書状を取るには大金が要る・・・となって、
これまで準備してきた結婚が、すべて白紙になって、
侯爵夫人の気持ちが折れてしまい、侯爵夫人はローマで修道院へ入った・・・と。

それで、リストも俗世を断って修道院に入ったらしいです。

たしか、この侯爵夫人との前にも、
人の奥さんと不倫して、略奪婚しているんですよね~・・・リストは(**)。
(もしかすると、ちゃんと結婚していなかったかも・・??)
その人との間の娘が、ワーグナーと結婚してますよね♪(コジマだったかな?)

逢引きの為に、ショパンが住まいを提供したりしたこともあったらしく、
そのことで、のちにショパンと関係が気まずくなったこともあったようで。

色々派手にやりすぎ・・・^^;)って感じですが、
でも最後の恋は、随分と本気だったんですね。

年数掛けて頑張って頑張って・・
報われずに、ついには修道院に入るんですもんね。
きっと、自分の気持ちに素直すぎる人だったんでしょうね。

まだ全然、最初の方しか読んでいないので、
その辺りがどう書かれているのかな~・・・と興味津々です(#^.^#)。
[ 2014/01/05 23:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する