2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06








「風の中のマリア」を読んで♪

百田尚樹さんの「風の中のマリア」
風の中のマリア (講談社文庫)風の中のマリア (講談社文庫)
(2011/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る

この前、この本と有吉佐和子さんの「開幕ベルは華やかに」を購入して、
002_20131215000637119.jpg
こちらから先に読みました♪


百田さんの本は、大ベストセラーの「永遠のゼロ」を始め、
数冊読んでいますが、


この本は「オオスズメバチ」の一生をドラマチックに描いた作品。
ということで、


「虫か~・・・昆虫にはあまり興味が・・・」と思い、
読んでいなかったんですよね。


でも、本屋さんで本を物色しているときに、
何故か急に読んでみよう♪という気になりまして、


半身浴の時や寝る前を利用して、少しずつ読んだのですが、
スッゴく面白くて数日で読んでしまいました。


「オオスズメバチ」学名「ヴェスパ・マンダリニア
スズメバチの中でも最大のスズメバチ。


他の昆虫を襲って幼虫の餌にするという、非常に獰猛で攻撃的なハチ。


その攻撃力も恐ろしく強く、殻の固い甲虫類の甲殻も、
大きな大顎で噛み砕いてしまうといい(バリバリバリ・・・


太い針から噴出される毒液は、大型の哺乳動物をも殺傷する力がある。


さらに、秋の繁殖期には、ミツバチや他のスズメバチの巣を
集団で襲い、さなぎと幼虫すべて奪い取る・・・
(本書でのこのシーンの描写、スッゴイ迫力ですよっ


もうね、怖すぎます


そのオオスズメバチのワーカー(働き蜂)のマリア。
物語に登場した時は、羽化して3日目の若いワーカー。


ワーカーは女王バチの産んだメスのハチ。
(オスはのちに生まれても、交尾の能力しかないらしい)


若いのに狩りが上手くて飛ぶのが速く、
疾風のマリア」と呼ばれている。(カッコイイ


でも「最強」と言われるスズメバチであっても、
やはり獲物を狩るときは、命がけ。


獲物の昆虫に気を取られていると、上空から鳥に襲われ危険もあるし、
カマキリなど大きな昆虫と戦う時は、


上手くいけば、幼虫に食べさせるための「肉」がたくさん取れるけれど、
仕留めたら、その場で足を食いちぎり、腹と頭を切り落とし、
胸の肉だけの「肉団子」にする・・・ホントにコワイ



下手をすれば死んでしまうことだってある・・・


危ない思いを何度もしながら、
たくさん知識も身に付けて、マリアは生き延びる。


その間、わずか30日間なんですが、
マリアはそのうち、
自分たちはメスなのに、恋もせず子供も産まずに戦い続けるのは何故なのか
何故こういう宿命を背負っているのか」と思い始める。


この辺り、我々人間も思うところですよね。
自分が生まれてきた意味はなんなのか」っていう。


でも「自分たちの帝国(一族)を存続させる」という本能が、
マリアたちワーカーを、獰猛に非情になり、命がけで戦わせ・・・


帝国の終焉間近には、その「帝国を存続させる」と言う本能のために、
自分たちが「偉大なる母」と呼び敬愛する女王バチを殺す。という行為に出る。


え・・・?
存続させないといけないのに、どうして女王バチを殺すの・・??


と思った方、その理由は本書をお読みくださ~い


色々、人生を考えさせられる作品です。


昆虫でも動物でも人間でも・・・
この世に生まれたからには、何らかの宿命を背負っていて、


その理由って、悩んで考えて苦しみながら生きて行って、
見つけるもの
なんですよね。


その為にも、今ある命を大切して「精一杯」生きないといけない。


考えても分からない事って、
今すべきことを、一生懸命やることでしか分からないし、
それをすることの意義も分からない。


オオスズメバチの「生き様」が「凄まじいまでの迫力」で描かれていて、
「スズメバチが本当にこうやって考えているんじゃないか」
と、思ってしまうくらい。


いやあ~・・・
百田さんって凄い人ですよねえ~・・・


これまで読んだどの本も、ジャンルはバラバラなんですが、
とにかく面白くて、続きが読みたくて読みたくて・・・仕方なくなるくらいなんです♪


百田さんの、文庫で出ている分は、ほとんど読んでしまっているので、
後、数冊しかありません


他の本も、早く文庫化しないかな~


いい本読みました


♪Yoko Piano Class~ようこピアノ教室♪はこちら
ポチっと↓して頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村



No title

こんにちは。

私も「風の中のマリア」が読みたくなりました。
スズメバチに刺されたことがあるので、
2度目にさされると危ないと聞くので、
私はかなりハチが怖いのですけれど…
ハチだって、生きるのに必死なのですよね。
文章で読むのも怖いけれど…汗
ほごちさんの紹介がお上手なので、気になっちゃいました!
[ 2013/12/16 23:21 ] [ 編集 ]

nobi8nさんへ♪

いつもコメント頂き有難うございます(*^^*)♪

nobi8nさんはスズメバチに刺されたことがあるのですか・・・・っ!!
それは大変だったのではないでしょうか・・・

私は子供の頃、普通のハチに手首を刺されたことがありますが、
信じられないくらい、物凄く痛かったですし、
あっという間に、刺された箇所がパンパンに膨れ上がったので、
びっくりして泣きながら、慌てて家に帰ったのを覚えています。

それがスズメバチだったら・・・(゜o゜)
痛いなんてもんじゃないですよね・・・

普通のハチでも、何度も刺されると、
アナフィラキシーに陥って危険だといいますし。

私は2年前にハーブティーを飲んで、アナフィラキシーを起こして、
夜に救急に行きましたが、

喉が急に詰まって呼吸困難になり、全身にじんましんが出て、
嘔吐と下痢が止まらず、手足は震えるし、本当に怖かったです・・・(゜o゜)。

ハチがいたら絶対近づかないようにしてくださいね!
私も、どのハーブがいけなかったのかわからないので、
「ハーブ全般を避けて下さい」と言われています。

でも、好きなので・・・^^;)
大丈夫♪とわかっているラベンダーやローズマリーは焚いたり、
お料理に使ったりしています♪

「風の中のマリア」凄く面白いので、ぜひぜひ♪読んでみてください♪
生きているものは、小さくても(スズメバチはデカイですが・・・^^;))
皆、生き残るのに必死で・・・!生きているんだっ!!ということを、痛感します。

でも私・・・
ハチでも、また来るのが怖くて、メリやニコが刺されたら・・・という思いもあって
これでもか・・・!というくらい、息の根を止めてしまうんですが・・・(**)

出来れば、そっと逃がしてあげたいです。
[ 2013/12/17 00:56 ] [ 編集 ]

No title

こんにちは。

たびたびごめんなさい!
そう!わかります!
できれば、そっと逃がしてあげれたら…と思うのです。
お互いが傷つかない方法を取れたら…と思いますよね。

ほごちさんが、ハーブでアナフィキラシーになったとは、
ビックリして読んでいました。
ハーブも気をつけなくてはいけませんね。
何のハーブかわかるといいのですけれど。。
カモミールとかはいかがですか?
よくお茶にはいっていますよね。
どうか、気をつけてくださいね!
[ 2013/12/18 19:32 ] [ 編集 ]

nobi8nさんへ♪

コメント頂き有難うございます(*^^*)♪
大歓迎でございますっ♪

どうしても怖さが来てしまって、「キャーっ」とパニくってしまい(゜o゜)、
気が付くと、とっても可哀相な事になってしまっていることが大半です・・・(**)

命を奪いたくないので、出来るだけ傍に来て頂かないよう、
願っています。

ハチとかムカデとかは、刺される可能性があるので余計なのですが、
私、「黑くて飛ぶ虫」全般が苦手でして・・・

ゴ〇ブリ(わああ・・・)、コオロギ、カブトムシ(子供の頃背中に乗せられまして(゜o゜)))
などもダメです(**)。

今では、こちらの田舎でも、道端でカブトムシを見ることはありませんし、
コオロギも最近見ないので、よいのですが、
「ゴ」の付く方は、見る可能性が大いにありますので・・・・(**)
5月に入ると、あちこちに「ホウ酸団子系の」お薬を置きまくっています^^;)。

ハーブのアレルギー。
ご心配頂き有難うございます。

多分「ミルクシスル」というハーブではないかと思うんです。

ボルスのご飯に混ぜていたハーブが、のちに粉末タイプになってから、
袋を開けるたびに、くしゃみ鼻水が止まらなくなり、目もかゆくて真っ赤っか!!
になっていたのですが、(マスクとメガネ、手袋必須でした)

その後、ニュージーランド産のちょっと高級なデトックスハーブティーを購入して飲んだら、
アナフィラキシーになってしまいまして、
その両方に入っていたのが「ミルクシスル」でした・・・

思えば、ミルクシスルを含んだブレンドの粉末を、ごく微量吸い込んだだけで、
酷い花粉症のような症状が出た訳ですから、
そこで、何かに気付かないといけなかったのですが・・・^^;)。

カモミールは大丈夫です(*^^*)♪
ブレンドだと、何が入っているか分からないですし、
新たにアレルギーが出る可能性があるので、
大丈夫とわかっている、カモミールやローズヒップなどは、医師の言葉を聞かずに^^;)、
時々飲んだりしていました♪

でも最近は、またあんなことになるのが怖くて、
ハーブティーは飲んでいません(**)。
折角コーヒーから脱出しようとしていたんですけど・・・(+_+)仕方ないですよね。
[ 2013/12/19 00:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する