2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

緊張に備えよう♪&発表会の衣装♪

玄関にハロウィンの観賞用かぼちゃを飾りました
001_20131013011734fbc.jpg
中身をくりぬいて、ライトを入れたいのですが、
傷を付けると数日で腐ってしまう・・とのことなので、


目、鼻、口の型紙をサイトでダウンロードし、
切り抜いて、テープで貼りつけました♪


生徒の皆さんが、行きかえりに「パンパン♪」と、
かぼちゃを触って楽しそうなので、


うんうん♪これは購入してよかったです
にしても、早くくり抜きたいですね♪



今日、レッスンだったKちゃん
今回が初めての発表会です♪


発表会の曲が、思いのほか早い段階で弾けるようになって、
ここ2週間前からは、譜面台を外して弾いたり、
入場から、ご挨拶の練習・・とやっているのですが、


今日、本番で履くお靴を履いて、
「〇番、△△Kさん・・・」とアナウンスを入れて、
椅子に座って、ペダルを踏み、確認して・・・


と、いつもより、さらに本番に近い状態で弾いてもらいましたら・・・


その事で、かなり緊張してしまったKちゃん
開始から全然違う音で弾き始めてしまい、
そのまま、いろんな音を弾きながら、演奏を続行・・・


私とお母様は、顔を見合わせて「え・・・・」と絶句


随分前から、暗譜でしっかり弾けているのに・・・


明るく元気だけど、繊細なところのあるKちゃんは、
何よりメンタル面が心配なのです


その後は調子を取り戻し、アナウンスをしてもしっかり弾いてくれましたが、
お家でも、出来るだけ緊張する状態、本番に近い状態で、
練習されるようにお話をしました♪


・夜に練習が可能な時は、お部屋の電気を落として、
スタンドライトのみで、Kちゃんを照らして、録画・録音して演奏。

・本番で着るドレスや靴を履いて、練習。


私も本番前はよくやりますが、
室内の明かりを落として弾くのは、結構集中出来ますし、
緊張感もあるので良いですね


勿論、靴も履き、衣装も着て弾いたりもしますが、
ドレスの前側に、リボンとかお花とかの飾りがあったり、


ふくらみの大きいドレスで、ウエスト位置が高かったりすると、
凄く弾きにくいんですよね~・・・


ですので、衣装を一から作って頂くときは、
袖は無しで、内蔵のパニエは前側は無しにするか、
入れても薄くしてもらい、


ボリュームが欲しい場合は、
後ろに入れてもらい、プラスしてパニエは履きません。


後ろも入れすぎると、座りにくいので、
あんまりボリュームは入れないようにしてます♪


ドレスを着ていると、いつものようには歩けません。
普段通りに歩いてしまいますと、裾が長い場合、踏んづけてしまいます


転んでしまっては大変ですので、
裾を蹴り上げるように歩き、裾は少し持ちますが、
客席とは反対側を持って歩きましょうね♪


客席側を持っちゃいますと、
スカートの中が見えてしまいますので・・・


心配な方は、どうぞレッスン時に衣装をご持参下さい♪
一緒に練習しましょう


【今日の癒しの猫達
爪とぎの上で眠るニコ
009_20131013011743c8d.jpg
毎度「ぎゅうぎゅう」のお二方
003_20131013011740524.jpg
ニコちゃん、目つきが怖いわあ~・・・


♪Yoko Piano Class~ようこピアノ教室♪はこちら

ポチっと↓して頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


こんにちは。

完璧に近い状態で弾けていても、突然真っ白になることがあるのですよね。
私は舞台でピアノに当たっているカーッと明るいライトで緊張します。
以前は、足がガクガクしてしまい、ペダルを踏んでいるのか?足がガクガクしているのか?
わからないくらいになっていました。
本番に近い状態で練習していくことで、Kちゃんも慣れていくのでしょうね。
場数を踏めば、きっともっと慣れていくのだと思います。

ニコちゃん、人間みたいなお顔をしていますね。笑
[ 2013/10/13 21:15 ] [ 編集 ]

お玄関のしつらえとても素敵です!!
生徒さんたちが、ハローウインのカボチャを触りたくなる気持ちが分かります。

発表会前のご注意、私も参考になりました。特に、部屋を暗くして弾いてみることは、試してみようと思います。
ステージは、ピアノと弾く人以外のところは、暗いことが多いような気がします。集中出来る上に、舞台に上がったときの緊張感も味わえるかもしれませんね。
[ 2013/10/13 21:24 ] [ 編集 ]

nobi8nさんへ♪

いつもコメント頂き有難うございます(*^^*)♪

私は、自分がブランクを一度作ってからは、
かな~り!緊張するようになってしまい、

早くに曲も仕上がって暗譜がバッチリ!でも、
逆にそれで「これできちんと出来なかったらどうする・・・汗)」
と思ってしまったり、

仕上がりがギリギリでやっと・・・!の場合はそれはそれで、
「やっと出来たばかりだ・・・大丈夫かな・・・汗)」
と、これまた不安になり、

どちらにしても、大変なことになる確率の方が、
ここ10年くらいは多いのです~・・・(**)。

なので、あれこれあれこれ・・・やるんですね^^;)。
本当に色々やってます♪

あの舞台のライトは、本当に緊張しますよね~(+_+)。
舞台そでから、ライトを浴びて光っているピアノを見ると、
「わああ・・・(**)光ってるよ~・・どうしよう~(>_<)」
といつも思います^^;)。

私も勿論(?^^;))足が震えたことも、
手が震えたこともありますよお~♪

ですので、靴は底が全部スウェードになっていて、
かかとも太目で5~6cmくらいのダンス靴を、
セミオーダーしたものを履いています。

これで足の震えはだいぶなくなりました(*^^*)♪

でも、震えてても演奏が大丈夫なこともあれば、
震えてないのに、演奏が恐ろしいことになることもあります・・・^^;)。

あれ、なんなのでしょうね・・・
「その時の調子」としかいいようがない状態になります。

私の先生が、よく、
「舞台は水物ですから」とおっしゃっていますが、
本当にそうですよね。

何度も頻繁に出ていると、結構慣れてきますから、
やはり場数ですよね♪

ニコ、面白い顔してますでしょう?^^;)
眠いのと、私がカメラ向けてるから「目開けなきゃ・・・」の間だったようです。笑

[ 2013/10/13 23:50 ] [ 編集 ]

モモさんへ♪

コメント頂き、有難うございます(*^^*)♪

玄関の飾りをお褒め下さってありがとうございます♪
なかなか思うようには出来ないのですが、
ハロウィンの気分を出してみました♪

舞台は大抵、演者とピアノ以外は暗いですよね。
自分だけにスポットが当たるので、
これがまた緊張しちゃうんですよね~・・・汗)

それで自分の世界に入れる時はよいのですが、
そうでない時はもうもう・・・(**)

自宅やレッスン室で暗くして練習をやっておくと、
結構、近い雰囲気になりますので良いですよ♪おススメです(*^^*)♪
[ 2013/10/13 23:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。