2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06








頑張る年長さんたち♪

昨日のレッスンで、今回初めて発表会に出演する、
幼稚園年長さんのCちゃん、Hちゃんともに凄く頑張っていて


普段レッスンでやっている曲より難しく長い楽曲なのに、
「たった一週でここまで・・・」と、驚き感心し、


「スゴ~イ偉~い頑張ったねえ
と、褒めまくりまして♪


「あとは、Kちゃんだな・・・」
と、今日レッスンの、同じく年長さんのKちゃんのレッスンが、
昨日から心配でした。


Kちゃんは明るく元気な女の子で、
音楽の面でも非常に良いものを持っているのですが、


その明るいキャラクターとは裏腹に、
とても繊細な面があり、


「これは難しい・・・・」と感じたり、
「思うような練習が出来ていない・・・」と思うと、


「先生に聴かせるのが恥ずかしい・・・」と思ってしまって、
お家でもレッスンでも、弾くことをしようとしない所があるんですね。


前回のレッスンでも、私が弾いて聴かせて、
「最初のところ一緒にやってみようか?♪」と言ったのですが、


「これは難しいぞ・・・」と思ったのでしょうね。


「・・・無理~・・・
と言ったきりなかなか弾こうとせず


なんとか、お母様となだめすかしたりしまして
「ほんのちょっとだけ触って終わり」・・でしたから、
「練習出来たかなあ~・・・大丈夫かなあ~・・・」と心配していました。


ところがところが
お母様のお話だと、昨日までは泣きながらやって、
「もう無理・・・出来ない発表会も出ない出なくてもいい」と言いだして、


「ダメかあ~・・・」とお母様も諦めていたそうなのですが、


今朝になって弾いてみたら、
「あ・・・出来る・・・」となったようで、


今日のお稽古でも真っ先にピアノに向かってくれまして、
2ページ目まで進むことが出来、ペダルも踏んでみることが出来ました


「発表会、出る~♪」と、Kちゃん本人もその気で、
「良かったですねえ~♪」とほっとしました


この3人の年長さんは、幼稚園が一緒で、
偶然に皆さん、うちの教室を選んで下さったのですが、


その3人が「今回初めての発表会にチャレンジする」とあって、


私としましても、出来れば「3人とも」を発表会に出して、
「全員、本人の満足の行く演奏をしてもらいたい」と思っていました♪


それぞれ個性も違うし、始めた時期も進度も違うのだし、
個人レッスンなのだし・・・とはいうものの、


お母様同士もお知り合いですし、
なんとか「3人とも一緒に♪」と言う思いがありました♪


ですので「まだあと1か月頑張ってみないと・・・」とはいうものの、
それぞれがしっかり頑張ってくれていてホッとし


「この分だと、大丈夫じゃないかな」と、大変嬉しく思います♪


まだ5歳と小さいけれど、
やはり昨年と比べると、かなり成長したのだな~と感じますね♪


この調子でしっかり頑張っていただければ、
きっと「良い思い出の残る初めての発表会」になると思います♪


一緒に頑張りましょうね


♪Yoko Piano Class~ようこピアノ教室♪はこちら

ポチっと↓して頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

こんにちは。

発表会、出演される生徒さんももちろんですが、
袖で見守っている先生も気が気ではないだろうなあと、
いつも思います。

大丈夫?寒くない?
いつものように弾けば大丈夫だから!
と温かい声を先生はかけてくださいます。

でもね、舞台に出たらひとりなのよ。
弾き始めたら曲は止められない。
何があっても弾きなさい。

と先生はいつもおっしゃいます。

ピアノを弾くと、心も強くなるかな?
舞台に立って、弾くというのは良い経験だなあと
いつも思います。
[ 2013/09/01 10:57 ] [ 編集 ]

nobi8nさんへ♪

いつもコメント頂き、有難うございます(*^^*)♪

そうなんです。
もうですね~・・・講師になりたての頃は、
生徒の発表会やコンクールは、自分が演奏する以上に緊張していました笑^^;)。

さすがに今はだいぶ慣れましたが、
それでも、生徒が全員無事に弾き終わるまでは気が休まらず、
毎回ドキドキ・・・!です(**)。

「何があっても弾き続ける」
そう・・それで、私はよく舞台上で作曲してしまいます・・・汗^^;)

私は、いつまで経っても・・というか、ブランクを作ってからは、
自分の舞台は緊張のしっぱなしで、ちっとも強くなれないんですよねえ~・・・(**)

それでも懲りずに舞台に上がる私は、
Sと思われていますが実はMなのかも・・・^^;)?


猫ちゃんのお水ですが、
よく硬水は猫の身体によくない・・と言いますよね。
色んな本にそう書いてありますし。

でもメリの闘病中、
須崎先生の「手作り猫ご飯」の本を読んで、
少しでも食べられるものを・・・!と、色々作っていたのですが、

そこに「ヨーロッパは普通に水道から出るお水が硬水なのだから、
ヨーロッパの猫は硬水を飲んでいる。でも何の問題もない。だから気にしなくていい」
と、書かれていたんです。

そう言われれば、確かにそうですよねえ・・・^^;)
私は、いつも夏以外は、スーパーでもらう「美味しいお水」を、
動物達にもあげているのですが、
日持ちしないので、この夏は水道水をあげていました。
(田舎なので水は結構イケます(*^^*))

でも、災害時のためにストックしておくなら、
何も日本では「よくない」と言われてる硬水を用意しなくても、
軟水のペットボトルを用意しておけばいいですよね♪

一体何が良くて悪いのか、
本によって色々だったりしますから、困りますが・・(**)

とりあえずお二方用に、軟水のペットボトルを買っておきます(*^^*)♪




[ 2013/09/02 00:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する