2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06








怒ると怖いんです♪

先日のレッスンでのこと♪


小学1年生のT君が、私のいう事がきけなかったときに、
お母様が「Tちゃん、ちゃんと先生のお話聞かないと!」
と注意をされ、


私が「そうよ♪先生のお話、ちゃんと聞いてね♪」
といい、


「先生はねえ~・・・本当はと~っても怖いのよ・・」
と言いますと、



「え・・・?」という顔をしたTくん(^m^)。


すかさずお母様が、
「そうそう!そうよ。普段優しい人が怒るとコワイんだからね
分かってるよね?」と・・・


後でお話を聞くと、お母様が笑いながら、
「あの子、家で犬がいう事聞かなかったとき、
『僕はいつも優しいけど、怒ったら怖いんだよっ
って言ってるんです笑)」と・・・


Tくんが、自分で一番よく分かっていたようですね♪


その後はきちんとお話も聞けて、レッスンもしっかり頑張れました


「普段優しい人は怒ると怖い」
私も自分がそうなので、その事はよく分かります。


基本「怒る事が好きではない」んですよね~・・


心身共にエネルギーが要りますし、
こう見えて(どう見えて?)平和主義なので、
争い事や怒る事って好きじゃなくて。


ですので、プライベートでも何かトラブルがあったり、
腹立たしい事が起こると、


「はあ~・・・どうしてそんなことをする・・・
とか、
「皆、それぞれが頑張ればいいし~・・・揉めなくてもいいのに・・・


って、思うんですよね。


なので「これは・・・!」と思う状態までは、
仕事もプライベートも、怒るのを我慢してます(だからストレス溜まりやすいのかな・・・?)。


「先生」をしていると、生徒に注意をしないといけないですが、
丁寧に優しく諭すだけではいけないこともありますよね。


でも、出来るだけ「穏やかに」いきたいので、
「先生は怒ると怖いよ~・・・?」と言いながら、
目の奥で「それ以上いうこと聞かないと、コワイ人が顔を出すよ・・・?」


というのを、生徒に知らせてます


勘のいい子は、それで悟ることが多く、
結構お利口さんにしてくれます


コワイ先生が顔を出して、号泣(笑しなくていいように、
みなさん、先生のお話はきちんと聞きましょうね


♪Yoko Piano Class~ようこピアノ教室♪はこちら

ポチっと↓して頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


こんにちは。

ほごちさん、お顔がとても優しそうですもの。
めったに怒らないというのがわかります。
人柄がにじみ出ているのだと思います。

めったに怒らない温和な人が怒る…
これは一番怖いですね!

小さな生徒さんに教えるというのは、工夫がいるのでしょうね。
ある程度大きくなれば、
「こういう理由でこのような弾き方ではいけない」
と言えますが、小さい子供さんだと…伝え方難しいですね。
[ 2013/08/26 19:52 ] [ 編集 ]

nobi8nさんへ♪

いつもコメント頂きありがとうございます(*^^*)♪

そろそろ人生の折り返し地点に来ましたので、
「怒らない人生を送りたい・・・」と思っていますが、
なかなか難しいですね^^;)。

普段は温和で滅多に怒らないけれど、
怒ると・・というのは、父親譲りだと思います。
晩年の父を見ていて、自分が父に似ていることに改めて気づきました。

こういう性格はストレスが溜まりやすいのか、
父も、よくストレス解消に夜な夜な映画を観ては飲んでおり、
胃潰瘍になりガンになり・・・で死んでしまったので、

「いいひと」と言われるのも考え物だなあ・・・
と思ったりしてました。

「いいひと」と言われるだけで、
実はいい人ではないから、ストレス溜まるんでしょうねえ・・^^;)
いい人ぶってる・・・ていうのか・・・笑)

小さい子供のレッスンは本当に工夫が要ります♪
「どうやって伝えるか」がずっと課題です。

なかなか難しい子もいますが、
手がかかるだけに可愛いです(*^^*)♪

[ 2013/08/26 23:44 ] [ 編集 ]

こんばんは^^

先程はご訪問とコメントを有難うございました(*^^*)
早速ご挨拶に飛んでまいりました~♪

子供達に何かを教えるって本当に大変だと思います。
仕事ではありませんでしたが、かーさんも昔ずっと子供たちのスポーツ少年団でバレーボールを指導していました。
同じ様に指導しても、呑み込みが早い子も居れば遅い子も居る…
やる気は満々なのに、なかなか上手くならない子…
サボりがちなのに小器用にプレーしてしまえる子…
さて、試合ではどちらを使う。。。って悩みもあったりして(^^;
子供の教育的に考えれば、不器用でも真面目な子ですよね。
でも、どうしても勝ちたい試合になると、その子自らが「あの子と換えて下さい!勝ちたいんです!」と。。。
10円ハゲが出来ました(^^;

こう見えて実は音楽とも深く関わって来たかーさん♪
これからは、そんなお話しもさせて下さいね(*^^*)
どうぞよろしくお願い申し上げます♪
[ 2013/08/28 00:49 ] [ 編集 ]

八朔かーさん さんへ♪

早速のご訪問、コメント有難うございます(*^^*)♪

八朔かーさんさん(さんさんって変ですかね・・・?^^;))も、
子供達へのご指導経験がおありなのですね~!音楽も~♪

まさにそうなんですよね。

趣味で息抜きや楽しみで習いに来られている大人の方は、
ハイレベルな肩の場合は準備が大変ですが、
その他の面においては、子供の方がやはり大変ですね。

親御さんも、ただの趣味や教養で・・・という面よりは、
「もしかすると、うちの子に音楽の才能があるかも・・・」
という思いがあり「子供の可能性」にかけて習わせていらっしゃる場合も多いので、

「いいものは持っているけれど、なかなかお稽古できちんとできない子」とか、
「素質もあり、お稽古はきちんと受けられるけれど、
お家での「地道な練習」が苦手な子」とかいまして・・・

そういう子がまた舞台が好きだったり、
親御さんも熱心な場合があり、
「うううう~ん・・・(**)」となってしまうのです。

レッスン代を頂いている以上、
音楽力をしっかりつけさせないといけませんし、
弾けるようにさせないといけませんから・・・

またイマドキは、なかなか難しい方もありますから、
その対応で悩むことも多いですし、
眠れない事も多くて、ついつい深酒を・・・(**)
(飲むための言い訳?笑^^;))

ただ、わたくし、動物の好みもですが、
人間も「手のかかる」子、人が好きだったりするんです^^;)。

大人でも子供でも「困った人(子)だなあ」と言うような方に、
「私がなんとかしてあげなければ・・・!」みたいに思ってしまうんですねえ・・・

なんとか問題が解決して、舞台で頑張る姿を見て、
さらに結果も出せたりすると嬉しくて♪
ずるずると20年もこの仕事を続けてきてしまいました。

若作りしてますが、結構イッておりまして笑)、
人生の折り返し地点と思われる年齢になりましたし、
色々考えながら、猫達に癒されながら・・・
余り無茶はしないように・・・と思っています♪

また遊びに行きますね♪
今度ともよろしくお願いいたします(*^^*)♪



[ 2013/08/28 02:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する