2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

調律さんにピアノを見に来て頂きました♪

C5Eを納入して頂いてから、
納入の調律で、出なかった部分の音は、大分出るようになったものの、


音色もさることながら、
どうにもあちこち、ピッチが合っていないんじゃないか・・・???


と、思うような響きで、ずっと気になっていたのですが、
年度末でバタバタしていたり
GW前からヒドイ風邪を引いたりして


見に来て頂くのが遅れていましたが、
C3の方も、どうにもおかしい音があり
本日、地元でお世話になっている楽器店さん((株)ビート楽器)にお願いして、
見に来て頂きました


調律師の荒木さんです♪↓ 
DSC06258 450
そうしましたら、やはりC3のこの音↓
DSC06264 450
鳴らすと、はっきりと分かるくらいに、
狂ってますよね」というほど、ういんういん唸っていましたが、
やはりかなり狂っていました・・・何故・・・??


普通、余程の事がない限り、こんなに狂う事ないんですが・・・


さらに、あちこちがおかしいC5は、
こちらもやはりやはり・・・
DSC06265 450
部分的に2Hzも低かった・・・という・・・
普通だと、1年くらい放置していないと、ここまで下がったりしないのだそう。


まだ、調律して2か月経たないというのに・・・


他の箇所も、オクターブがあっていなかったりしていて・・・
こんなこと、初めてです。


音が全然出てなくて
調律時は、鳴らなかった音が鳴りだしたところで、
あまり気にならなかったんですが、


弾きだして音がどんどん出てくると、
響きが汚いことが凄く気になってきてたんですが、


そんなにあちこちピッチが違っていたら、
響きが汚くて当たり前ですね・・・


手首を痛めていますから、
そんなに短期間で狂うほど、ガンガンに弾いていた訳ではないので、
弾き方に問題があったわけでもないようですし・・・


まだまだ、色々気になる部分はあるのですが、
まだ納品から2か月経たないので、
まずは、私のお部屋になじんでもらわないといけないんですよね~


なので、今日はさっくり直してもらいまして、
キチンとした調律は、また秋にしていただくことになりました。


今日、帰られてから弾いてみましたら、ヒドかったところが直った分、
気になる部分も、また出てきました


我慢できなかったら、呼んでください
と言って頂いたので、きっと秋までに呼んじゃうような気もしますが


それまで、出来るだけ辛抱しつつ、
ガンガン弾いちゃってください」と言われたように、
頑張って鳴らしてみます


まだまだ鳴るようになります♪」
と言って頂いたので、頑張って可愛がってやらねば


♪Yoko Piano Class~ようこピアノ教室♪はこちら

ポチっと↓して頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村



こんにちは。

我が家のピアノも10年以上弾いていなくて、ふっと開けたら上にかけるフェルトにカビが!!!
そのときピアノを弾いてみたら、楽しくなって…それがきっかけで再開しました。
きっと相当にピッチは狂っていただろうと思いますが、気づかなかったなあ。笑
でも、その時2度に渡って調律した記憶があります。相当狂っていたのですね、きっと。笑

ほごちさんのお家のピアノどうしたのでしょうね?
まだ調律して間もないですものね。。元々あるピアノまで?というのが不思議ですね。
ピッチが狂っているのを感じ取れると、そのままにはできないですものね。。
変な響きというのはストレスになりますものね。
原因がわかって、直ると良いですね♪
[ 2013/05/18 10:43 ] [ 編集 ]

nobi8nさんへ♪

調律をきちんとされたピアノでずっと弾いていると、
狂ったピアノってすぐわかってしまいますが、
しばらく弾いてないと、わからないようですね^^;)
生徒も、そう言ってました。笑)

私のピアノ、実は理由は分かっています・・・(**)。
はっきりとは書いてませんが、納入調律の問題です。
このコメント返信で書いちゃってますが・・・^^;)。

これまで色んな方に、調律をして頂いてきましたし、
音大でも「ピアノ構造論」の授業も取っていましたので、
タダのピアノ講師にしては^^;)分かることが結構あるのですが、

やはりアコースティックのピアノって生き物なので、
環境によっても、また、それまでどれだけ弾かれていたか・・とか、
「どういう方が調律したか」・・によっても、かなり変わるんです♪

凄く上手い方にしていただくと、
時間が経っても、温度や湿度の変化があっても余り狂いませんが、
そうでない場合は・・・(+_+)

それと、どうも一部分、調律されてなかったようで・・・
考えたくないですが・・・(**)

その部分を、スッゴイ力で弾きこんだ訳でもないのに、
その部分のセクションだけが、まとまってピッチが低いなど
(それも調律後1~2か月で)それぐらいしか考えられないので・・・(**)

納入調律のときから「ん?(-_-;)」と思うことはあったのですが、
地元に腕のいい調律さんがいらして、いつもその方にお願いしているので、
「私にはTさんがいるもん♪」と思ってましたから~^^;)。


いろいろあったり、酷い風邪を引いたりして、
のびのびになっていたのですが、
やっと来て頂きました♪
また、弾きつつ様子をみて、みに来て頂きます(*^^*)♪
[ 2013/05/19 01:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。