2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11








アナフィラキシー事件 その2

以前、風邪をこじらせて声が出なくなったときにお世話になった、
耳鼻咽喉科でも診てくれるかしら~・・・と、電話してみたのですが、


「すぐ、豊岡病院の救急に行って下さい!」
と言われてしまい、


「ああ・・・やっぱり救急にかかっていいくらいのことだったのね~・・・」
と思い、嘔吐もなんとか止まったので、腫れ上がった顔を隠すために大きなマスクをして、
車を運転して、豊岡病院へGO!!


待ってる間に、問診を受けたり血圧計って頂いたりしてたんですが、
「2時半からずっと我慢してはったの???!」
「一人で来られたの??!!」と驚き心配されてしまい、


改めて、
「そうか・・やはり大変なことだったか・・・」
と自覚するのんきなほごち


呼吸困難になるのが一番怖いらしく、
「待ってるに呼吸が苦しくなったら、直ぐ呼んでください。」
と言われ、待っていたんですけど、


いやあ~・・・待ってる間しんどかったあ~・・・
順番が来たときには、もう結構ふらふらでして。


ベッドに横になり、点滴を1時間受けて来ましたが、
最初の数十分くらいで、とっても楽になり、腫れも湿疹も消えまして、


いやあ~
「薬って・・・医療って・・・素晴らしい・・・!!」


看護師さんに、
「気のせいかすっごくらくになりましたあ~
と明るく言ったら、


「気のせいじゃないですよ~お薬が効いたんですよ~
とにっこり笑って訂正されてしまい


「あはは!そうですよねえ~
と、さっきまで死にそうな顔してたのに、めちゃめちゃ元気に明るくしゃべる私を見て、
看護師さんはさすがですね~・・・


この人「もう帰る」って言いそう・・って分かったのか、
「まだ点滴残ってますし、様子をみますから、もう少し頑張ってください。」
と、またまた笑顔でカーテンを閉めて去って行かれてしまいました・・・^^;)


「あ~もう早く帰りたい~
今日なんにも出来なかったし~明日の仕事の準備もしないといけないし~
と思いながら、なんとか頑張りました。


点滴終わってそそくさと帰ろうとしたら、
「お一人で帰られるんですか?」と又別の方に聞かれ、
「お薬、眠気がする成分も入っていますから、しばらく休んで帰って下さい。」
と言われてしまい、さらに足止め。
う~・・・・(**)。


私は麻酔が効きにくい体質だし、結構強い睡眠薬でさえ、
神経が勝って効かないことも多いので、全然大丈夫なんだけどな~・・・
と思いつつ、ココはおとなしく言う事をきいてみました^^;)。


その3へ つづく
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
[ 2011/11/13 ] 日々の雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokopiano28.blog.fc2.com/tb.php/3-2ac0396a