2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06








独立心を養おう♪

毎週水曜日がレッスンの6歳のYくん。
とてもおっとり♪ほんわかした男の子です


先週のレッスンでのこと。


次に練習してくる曲を「弾いてみよっか?」と、
一緒に弾こうとして、


指使いが難しい、左手の音を、
「ど~そ~♪1~4~♪」と、歌いましたら、


Yくんが弾くのを止め、
眉間にしわを寄せてじっと私をみつめるのです・・・


「・・・え?どうしたの~・・・?」
と聞きますと、


Yくんが、そのままのお顔で、
「・・・言っちゃダメ。ボクが、ひとりで、やるの。」
と、一言づつ、私に訴えるように言うのです


「ああ~・・・っそうかそうだね♪
 Yくんだけでやってみようか


と、見守ってみたのですが、
リズムと音はあっているけれど、指が違います・・・


「うんうんそうそう♪
 音とリズムは合っているよ~♪あとはね、お指が4番さんだとバッチリだよ♪」


と、指を直しつつ、Yくんが「自分ひとりでやろうとする姿勢
に感動


大人しくておっとりしたYくんも、
やはり男の子ですから、
余り、先生やお家の方に手助けされたくないらしいんですね


今日の「5線ノートの音書きの宿題」も、
丸付けをしていましたら、


最初の数問は鉛筆で答えが書いてあるのに、
残りが全部「ボールペン」だったんです。


「あれれ・・・?」と思い、お母様にお話を聞きますと、


「ボクは、絶対まちがえないから、ボールペンで書く
と言いだしたそうで、それも教えようとすると、
「自分ひとりでやる」と言ったのだそうです。


お母様が後でチェックされましたら、
一つ間違っていたところがあり


それは「絶対まちがえない」と言った手前、
書き直したようなのですが、ボールペンですので・・・


「きゅきゅきゅ♪」と、ボールペンで消して、
横に、でもやはり「ボールペンで正しい答えが書いてありました


可愛いですねえ~


レッスンに通い始めた当初は、
私が言う事をしっかり聞いて、「言われた通りにやろう」
と「一生懸命」という感じだったのですが、


最近、音符やリズムがよく読めるようになってきて、
弾ける曲も増えて来たので、


ボクは出来る」という自信が付いて来たのだろうと思います


小さいお子さんの場合、
ついつい、たくさん手を貸してしまいそうになるのですが


ある程度出来るようになってきたら、
手助けを控えて、見守ってあげないといけない」ですね


どうしてもピアノを習いに来るお子さんは、
女の子が多く、


女の子の場合は、出来る事でも、
「せんせい、一緒にうたって♪」」とか「ゆびばんごう書いて♪」
と言ってくることが多いのですが、


男の子は、やはり独立心が強いですね


女の子の場合も、ある程度の甘えは受けてあげるにしても、
出来そうなことは、成長を促すためにも、
余り手を貸しちゃいけないですね


Yくんに教えられました♪


弾くことがとても好きなお子さんですので、
どんどん鍵盤に触れて弾ける曲が増えていくといいな♪
と思っています


頑張ってね


あ、ちなみにレッスンがあった日でしたが、
練習5時間頑張りました


【今日の癒しの猫達
あんよがね、気になるの♪↓
DSC05725 450
プリンタは、ボクのベッドだ・・・♪↓
DSC05726 450
PC作業中、ニコがココにいる確率90%以上


♪Yoko Piano Class~ようこピアノ教室♪はこちら

ポチっと↓して頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する