2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08








ピアノの構造について♪「ピアノの誕生」

まず「ピアノの誕生」から~♪


ピアノ」の正式名称は、
Gravicembalo col piano e forte 」(伊)(グラヴィチェンバロ コル ピアノ エ フォルテ
と言います


つまり「弱い音も強い音も出せる大きなチェンバロ
という意味ですね。


この名前の由来は、
今をさかのぼること300年前の1711年。


フィレンツエ メディチ家の王子フェルディナンドお抱えの楽器係に
B・クリストフォリという人物がいました。


このクリストフォリが、当時主流だったチェンバロとは違う、
「ハンマーを使用した新しい楽器を作ったらしい・・・!」
という噂が流れ・・・


それを聞いた、イタリアのS・マッフェイ(活字にした・・というから記者かな)が、
クリストフォリの工房を訪れまして、この新しい楽器を、
「アクションまで細か~く発表」したんですね~(*^^*)♪
DSC03145 500
(発行:大阪音楽大学「ピアノ構造技術の基本解説」より)


この楽器が、
「Gravicembalo col piano e forte 」(伊)
(グラヴィ チェンバロ コル ピアノ エ フォルテ)だった訳です。


ですが、この名前がとっても長いので
短縮しちゃったんですねえ~・・・
(いつの時代も人は短縮したり省略したりするようで・・・


そのうちにこの楽器は、
pianoforte」(ピアノフォルテ」と呼ばれるようになり、
さらにフォルテまで省力しちゃって(笑 )「piano」(ピアノ)
と呼ばれるようになりました♪(元の意味がなくなってるし・・・


ですが、ピアノが生まれたイタリアでは、現在でも「pianoforte」(ピアノフォルテ)
と呼んでいます(*^^*)♪


ピアノ誕生のポイントは、
このハンマー付のアクションを持った楽器だった・・!
ということ♪


ハンマー式であるために、
音量を変えることが出来、表現することが可能」なったんです♪
クリストフォリさんありがとう~


現在のピアノのハンマー↓
DSC03144 350


ランキングに参加中です♪♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
[ 2011/12/04 ] ピアノ・音楽 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokopiano28.blog.fc2.com/tb.php/28-ca8b5d3e