2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07








作曲家シリーズ♪「J.S.バッハ」その②

♪作曲家シリーズ♪【J.S.バッハ】その②


バッハは2度結婚しています(*^^*)。
かなりの子だくさんでした。


1707年、22歳の時、バッハは1歳年上の従姉「マリア・バルバラ」と結婚し、
2人の間には7人の子供が産まれます。


バッハ35歳の時、マリア・バルバラが病死し、
翌年16歳年下のソプラノ歌手「アンナ・マグダレーナ・ヴィルケ」(大変有能な声楽家であったらしい)
と再婚し、2人の間に13人の子供が産まれ、バッハの子供は20人となりました。


特に、再婚したアンナ・マグダレーナとは音楽で心を通わせ、
とても仲睦まじかったようで、


アンナがバッハの楽譜を写譜するなど、バッハの音楽に大変な理解を示しました。


彼女に捧げられた楽曲が「アンナ・マグダレーナのためのクラヴィ―ア曲集」で、
ほとんどがバッハの息子たちの教育用に作曲されたもので、
とても可愛らしい、美しい小品が多いです。


バッハの息子達の中で3人が音楽家になりましたが、
その中でも、フリードリッヒ大王の宮廷音楽家になった次男の
カール・フィリップ・エマニュエル・バッハ」と、


モーツァルトに影響を与えたと言われる末息子の
ヨハン・クリスチャン・バッハ」が有名です。


バッハが活躍したバロック時代(後期)は、
バッハの作品別に分けて「ワイマール時代」「ケーテン時代」「ライプツィッヒ時代」の、3つの時代に分けられます。



使用された鍵盤楽器は、主に「クラヴィコード」「チェンバロ」などで、
音域は現在の鍵盤楽器の代表であるピアノの約半分で、4オクターブ程でしたが、


1717年~1723年のケーテン時代には、
「ブランデンブルグ協奏曲」など、数多くの傑作が生まれています。


バッハの時代は「作曲家=音楽家」の時代で、
音楽家は皆作曲をし、その楽曲を演奏、指揮しましたから、大変な忙しさであったと推察されます。


バッハの作品についている番号「BWVacherke erzeichnis)」
を、覧になったことがあるかと思いますが、


これは年代順ではなく作品別に編集され、番号が付けられています。


皆さんが、ソナチネ辺りから始める、
15曲の2声のインベンションはBWV772~786。


15曲の3声のシンフォニアはBWV787~801となっています。


お手持ちの楽譜で確認してみて下さいね(*^^*)♪


バッハは38歳の時、ライプツィッヒの聖トーマス教会のカントル(合唱長)となり、
ずっとこの職にとどまりました。


そして「マタイ受難曲」「ヨハネ受難曲」「教会カンタータ」など、
年に60曲ものミサ曲を作曲し、150回もの指揮を精力的にこなしました。


*次号に続きます(*^^*)♪*

                    
応援ありがとうございます(*^^*)
ポチっと↓よろしくです
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokopiano28.blog.fc2.com/tb.php/126-420f97e8