2013 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312014 02








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

作曲家シリーズ♪【フランツ・リスト】その1♪

フランツ・リスト【Franz Liszt(ドイツ語)Liszt Ferenc(ハンガリー語)】
1811-1886
フランツ・リスト
元祖イケメンアーティスト♪」のフランツ・リスト♪


リストが生まれたのは1811年10月22日
ハンガリーのライディング(牧歌的な明るい、ぶどう畑に囲まれた村。現在のオーストリア)
という田舎町。


時代は、無敗を誇っていたナポレオンが、スペインでついに破れ、
ヨーロッパ制覇の野望に翳りが見え始めた頃・・・


その当時の日本は・・というと、江戸時代で、
将軍は、11代徳川家斉(とくがわ いえなり)。


まだまだ「鎖国真っ最中」で、
西洋の音楽なんて勿論、入ってきておりません~・・・


さて、そんな頃生まれたフランツ。
何度も命に関わるような病気に罹ったりして、大変病弱だったようで、
棺桶まで作られたこともあったのだそう。


父アダムは、豪族エステルハージー家(ハイドンも遣えていたお家)に遣える役人で、
そこの一番のお偉いさん♪
(音楽も「半分アマチュア」みたいな感じでやっていたそうです。音楽愛好家ですね♪)


父アダムと母アンナの、たったひとりの息子で病弱だったリストは、
ほとんど学校も行かず隔絶されて育ったのだそう。


いわば、お金持ちのひ弱な「お坊ちゃま」だったんですね~♪
やはり見た目、気品ありますもんね


で・・・
リストは、ハンガリーで生まれているので「ハンガリー人」だと思うのですが、
父アダムはドイツ人、母アンナはオーストリア人だった上に、


幼い頃、すぐにウィーンに移住したりしたこともあって、
死ぬまでハンガリー語は一言も話せなかったらしいです。(フランス語が一番話せた)


でも「リストはハンガリー人」ということになっているからか、
リストの楽譜は「ブタペスト版」が良い♪って言われてますよね♪


コチラ、そのリストの「ブダペスト版」↓
007_20140130002530416.jpg
少々・・・いや、かなり・・・お高いですが


さてさて、そんなリストが、最初にピアノの手ほどきを受けたのは、
やはり音楽愛好家の父からで、4~5歳の頃


そして、非凡な才能を見せたのが6歳の頃


父アダムがリース(ドイツの作曲家)のピアノコンチェルトをピアノで弾いて聴かせると、
6歳のリストは、たった1回聴いただけで、すっかり覚えてしまったようで、


その後遊びに出掛けて帰ってきてからも
ずっと、その主題を口ずさんでいたのだそう


さらに、ピアノを始めてわずか2年で、
ありとあらゆる曲を弾きこなし、一度見ただけの楽譜を、
信じられないような正確さで演奏した
という・・・


「天才」「神童」と呼ばれる人は、
みな幼少期にこうゆう逸話がありますよね。


「神童あらわる」と大騒ぎになったリストの、
生涯最初の公開演奏会は、9歳の時


さらにさらに・・・
その翌月に行われた演奏会で、幼いリストの才能に感嘆した地元の貴族たちが、
音楽の勉強の為の、資金給付を申し出てくれて、


リストはさらなる音楽の勉強を続けることが出来るようになり、
世界に羽ばたいていくのである・・・


つづく♪

♪Yoko Piano Class~ようこピアノ教室♪はこちら
ポチっと↓して頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。